確認しておきたい!お酒買取できないお酒を紹介

確認しておきたい!お酒買取できないお酒を紹介

お酒買取できないお酒


これからお酒買取業者に売ろうと思っている人たちに伝えたいのですが、全てのお酒が必ず買取してもらえるというわけではありません。様々な種類のお酒を取り扱っていたとしても、買取不可になってしまうこともあるのです。

何も知らずに持ち込んでしまうと「買い取ってもらえなかった…」なんてことにもなりかねないので、ここでは買取できないお酒を紹介していきます。どんなお酒を指しているのかしっかりとチェックしておいてくださいね。

開封済みのお酒

まず基本的なことですが、開封されているものは買取不可になっていることが多いです。開封されてしまっていると、中に何が入っているか判断できません。たとえ開封済みで何も手をつけてないという状態でも同じです。

何が入っているかわからない開封されたお酒を購入できるかどうか、自分が購入者側になって考えてみましょう。購入できないという人の方がもしかしたら多いかもしれません。

中には何も気にしないという人もいるかもしれませんが、気にする人も多いので買い取ってもらえないのです。なので、もったいないですが開封してしまっているものは捨ててしまいましょう。

ただ、開封済みでも中身が完全に空の状態であれば、買い取ってもらえることもあります。価値が高いボトルもあるので、飲み終わった後は捨てずに保管しておくことをおすすめします。

賞味期限が過ぎているお酒


みなさんはお酒の賞味期限を気にしたことはありますか?「どうせすぐに飲みきってしまうから気にしない」という人もいるかもしれませんね。実はお酒には賞味期限がないものが多いです。

時間をかけて熟成をした方がより美味しくなるものもあるので、基本的には賞味期限が記載されていません。ただ、ビールや日本酒は違います。

どちらも賞味期限があり、性質上劣化しやすくなっているため、買取不可の業者が多いです。賞味期限なので切れていても飲めないというわけではありませんが、味に変化が出てきてしまいます。

たとえ期限が切れていなかったとしても、迫っている場合は価値が下がってしまう可能性も。時間が経過しすぎているものは買い取ってもらえないので、できれば早めに売るようにしましょう。

保存状態の悪すぎるお酒

せっかくお酒を売るなら誰だって高くなってほしいと思いますよね。ただ、高く売るためには状態が良くないといけません。どんなものでも共通するのですが、同じ品物でも良い状態と悪い状態では価格に差が出ます。なので、保存状態には気をつかうことが大事なのです。

保存状態が悪いと液体の色が変わってしまったり、ボトルに傷がついていたり、ラベルがボロボロなんてことも。そんな状態のままでは買い取ってもらえません。仮に買い取ってもらえたとしても、価格が低くなってしまうでしょう。

「未開封なら大丈夫なのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、状態が悪すぎるものは買取不可の可能性もあります。なので、開封する予定がない場合でもしっかり保管して、できるだけ良い状態を保つようにしてください。

古いお酒でも買取可能


先ほど賞味期限が切れているお酒は買取不可だと説明しましたが、古いお酒は当てはまりません。どうして当てはまらないのかというと、価値の高いお酒もあるからです。人気なものやレアなものは、古くなったとしても価値が上がっていきます。なので、古いからといってすぐに処分しないようにしてください。

自宅にずっと眠ったままだったとしても、ここまで紹介してきた状態でなければ買い取ってもらえる可能性もあります。思わぬ価格で取引されることもありますし、一度査定の依頼をしてみることをおすすめします。

事前に状態を確認しよう


お酒買取業者に依頼して査定をしてもらったとしても、買い取ってもらえないなんてこともあり得ます。せっかく持ち込んだのにそうなってしまうと悲しいですよね。

そうならないためにも事前に自分で状態を確認しましょう。事前に確認しておくことで時間を無駄にせずに済みますよ。もし買取できないような状態になってしまっているなら、自分で処分することをおすすめします。

確認してみて判断がつかない場合は、一度業者に問い合わせしてみてください。商品名と状態を説明すれば、買取できるかどうか、どのくらいの価格になるのか教えてくれるはずです。ただ、実際に見てみないとわからないこともあるので、LINEなどを使って写真を送る方法で確認してみても良いかもしれません。

査定は無料でできるという業者もありますし、査定してもらった後にキャンセルすることもできますよ。

まとめ

・開封済みのお酒は何が入っているか判断できないので買い取ってもらえない
・賞味期限があるビールや日本酒は、劣化しやすいのでできるだけ早めに売ること
・未開封でも状態が悪すぎるものは買取不可の可能性がある
・古くても価値が高いものは買取可能なので、古いからといってすぐに処分しないようにすること
・時間を無駄にしないためにも事前に自分で状態をチェックしておく