三位一体のPPCマーケティング PPC広告を基盤とし、ターゲットをがっちり囲い込む。

Appleの新モバイル広告とAdWordsの行方

■鬼門!PPC広告コンサルのネット集客塾 100701号配信■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
件名:【AdWords Editorの211エラーとは?】

こんにちは、金島弘樹です。

まぐまぐで発行するのはなんと3ヶ月ぶり。
しかし知らない間に、私のメルマガがまぐまぐの「殿堂入り」を果たしていました!

いつも楽しみにしてくださっている読者のために
またコツコツと配信を続けていきたいと思います。

今回は、Google AdWordsで便利に更新や編集作業を行う「AdWords Editor」
についてお話いたします。

▼ AdWords Editor とは?

ご利用されていない方は、こちらからダウンロード出来ます。 http://www.google.com/intl/ja/adwordseditor/   なんといってもメリットは、オフラインで広告を管理できるアプリケーションと ドラッグアンドドロップや、コピーアンドペーストができることで 広告グループを迅速に作成できる点が魅力です。 この機能は、残念ながらYahoo!リスティング広告にはありません。 数年前からなんども Yahoo! には申し出しているのですが まだまだ時間はかかりそうです・・・。

▼ AdWords Editor のメリット

Google AdWordsヘルプにも記載されていますAdWords Editor の メリットを紹介しますね。  
1、コンピューター(MacまたはWindows)でのオフライン操作。 2、変更内容をいつでも AdWords にアップロード。 3、ドラッグアンドドロップやコピーペーストができる。 4、インポートエクスポート機能がわかりやすい。 5、期間をダウンロードすれば分析もできる。 6、広告文や単価やネットワークを簡単に変更できる。 7、別アカウントに素早く移動できる。 8、重複キーワードが探せる。 9、広告グループ分け機能 10、イメージ広告の一括登録も可能。
他にもありますが、このメリットだけでも充分に 作業時間が激減することがわかりますよね。

▼ AdWords Editor のメリット

AdWords Editor ほど便利な広告設定アプリはないでしょう。 ほんとうに便利です。 しかし便利が故に落とし穴もあります。 先日、いつもどおり私はAdWords Editor で広告グループの追加編集を おこなっていたのですが、突如更新できなくなりました。 「エラー番号:211」と表示され、AdWords Editor のバージョンが古いという メッセージがでるので、バージョンアップしましたが改善できません。 アンインストールして再度ダウンロードしても改善できません。 そこで、Googleに問合せをしたところとても親切に教えてくれました。 Googleによると、 AdWords Editor で編集したデータをアップロードする際、211エラーが 発生する場合があり、211エラーは、ご利用のAdWords Editor 未対応機能 がキャンペーンのどこかで有効になっている場合に発生する つまり、
・拡張CPC ・キャンペーンレベルのモバイルキャリア設定 ・キャンペーンレベルのモバイルデバイス設定 ・モバイルアプリケーション設定 ・iPad ターゲット設定 ・ターゲットCPA
このようにオンラインで有効にしている場合は、一度管理画面で 上記機能をOFFにしてから、AdWords Editor で編集し、 再び編集後、ONにすれば大丈夫とのこと。 とてもわかりやすいですね。 つまり、211エラーがでた場合は、有効にしている機能をOFFにすれば 問題なくAdWords Editor が利用出来るということです。 また私はリマーケティング機能をつかっていますが、 リマーケティング機能も同様のエラーが出るそうです。 その際は、「削除」ではなく「一時停止」で大丈夫です。 私もためしましたが、一時停止でエラー番号:211が表示されなくなりました。 当然編集後は、管理画面で「アクティブ」に戻しています。   ちょっと難しいですかね?(^-^;) まあこれは、エラー番号:211がでた場合の問題ですので その時にこのメルマガを思い出してもらえれば、嬉しいです。 クライアントさんたちは、もしかすると結構今後このようなエラーが でるかもしれませんので先にメルマガで案内しました。 逆にこのエラーがでるということは、しっかり AdWords を運用している あるいは できるかぎり AdWords の機能を使う努力をしている という広告主ではないでしょうか?   まあそんなわけなんですが、AdWords Editor の使い方については ヘルプをみるよりも実際にいろいろ操作をしている方がすぐに覚えます。 できるかぎり、あなたも積極的にAdWords Editor を利用しましょう!

編集後記

iPadにつづき、iPhone4もアメリカで170万台を突破したようです。 私もiPhone3GSをもっているので、さっそく iOS4にアップデート しようと、iTunes から更新をかけましたが、これもエラーが(爆) 結局Twitterでも、情報を集めましたがフォロワーのみなさんは 問題なく iOS4 にアップデートできたそうです。 うーーん。 またアップデートできましたら、ご報告します! ではまた