三位一体のPPCマーケティング PPC広告を基盤とし、ターゲットをがっちり囲い込む。

Web戦略の本質は・・・ポジションチェンジ

■鬼門!PPC広告コンサルのネット集客塾 090926号配信■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日のトピック:【Web戦略の本質は・・・ポジションチェンジ】

※おかげさまでコンサルティングの募集は終了いたしました。
次回は10月のメルマガでお知らせします。
http://www.ppc-adw.jp/

 

こんにちは、金島弘樹です。

「カバラ」って聞いたことありますか?

非合法で行われている「カジノ」の【カバラ】ではありません(^-^)

カバラ数秘術の、カバラです。

最近、勉強する機会があったのですが、本質をつかむのは極めて恐ろしい。
数字って色んな秘密があると感じるんです。
怪しいので、あまり話しませんが、カバラにしても、プライベートにしても
ビジネスやマーケティングにしても、結局コレが大事なんだと思います。

本質を知る能力
^^^^^^^^^^^^^

物事が上手くいかないとき、原因を探るのは本質です。

わたしが思うに、成功している人は本質をつかむのが早いし鋭い。

逆に、上手くいっていない人は本質をつかむのが上手ではありません。

つまり、PPC広告やSEO対策って本質ではないと思うのです。

「じゃあ、本質って何よ!?」

 

Webの本質は、ポジションチェンジです。

いえ、Webだけではありません。

人間関係、恋愛、勉強、ギャンブル・・・
すべてにおいて、ポジションチェンジが儲かる本質だと考えています。

今回は、そんな本質をしっかりと探りあげることで
ビジネスが上手くいったヒントをお届けします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 戦略を立てるポジションチェンジ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NLPや臨床心理学でも、「ポジション・チェンジ」というテクニックがあります。

簡単に言うと、客観的にみる、相手の立場になる。という意味です。

マーケティングでいう、「ポジショニング」とは意味が違います。

この、本質をつかむというプロセスでは、ポジションチェンジを
理解するところからスタートです。

 

たとえば、こんな例はどうでしょうか・・・。

あなたがこれは売れるのか?
という商品をどうしても販売しなくてはいけないとします。

そうですね、「キーホルダー」をネットで売ろうとします。

その際、まずどうやって売ろうかなと考えますよね?

HPを作って、PPC広告を流してテストをして、SEO対策をして
コストを下げていって・・・・・

成約率を上げて、と、こんな風に たいていの方は実践します。

 

実は、それが失敗する原因。

わたしがいう、ポジションチェンジとは、この販売する前、
つまり戦略を練る段階から、

●「わたしが買うとしたら、なにがきっかけだろうか?」

●「そのキーホルダーに何の鍵をつけようか?」

●「そもそもなんで、キーホルダーが必要なのか?」

など、もう、買う気になって、それこそ数時間ないしは
数日間もキーホルダーの使い道をずっと考え続けます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ Webマーケッターが行う分析の誤解?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんなことが、わたしの身の回りであります。

 

キーホルダーを売ろうとしているのに、それをもっていない方。

ユーザーの心理を探るために、サイトでレビューを見る

 

Webマーケット分析でよくやる

・教えてgoo
・Yahoo!知恵袋

などQ&Aコミニティサイトは、現段階では信用できないことがわかるかと思います。

なぜなら、自分が体験していないから。

体験をするには、レビューではなく、本当にキーホルダーを買っちゃうのです。

 

人の意見だけでの知ったかぶりは、友達にも嫌われますよね(笑)

 

モノを売るって、これ以上にシビアなものなんです。

もちろん、自分のお金を使うのですから、変なのは買いたくありません。

 

買ったら元を取りたいと思うのが、本能ですからね。

しかしこのプロセス、なんとなく感じてきませんか?

Web上でのユーザーの動きを疑似体験できますよね。

 

たった1つポジションチェンジするだけで、動きが疑似体験できるため
セールスレターのキャッチコピーにリアリティを組み込めます。

リアルな表現は、「共感」に変わります。

共感は、「興味」へ移行する第一プロセスです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 心理的にコントロールする手法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

共感がない商品はどんなにすばらしいデザインでも売れません。

逆に、共感があるサイトは、へたくそなサイトでも売れるんです。

 

ね?

わたしがやったことは、たった1回のポジションチェンジです。

まだキーホルダーが売れるかどうかは別にして、すくなくとも
Q&Aコミニティで得られる情報よりも、確実な感覚です。

 

どうですか、ポジションチェンジ。

 

「そうかぁ、ポジションチェンジを意識しているのか!」

 

そうではありません。

 

実は、このメルマガでポジションチェンジを連呼しているのは
検索エンジンで上位表示するためです。

SEO対策です。

 

ウソです(笑)
何が言いたいのかというと、

このように、たった1通のメールでもとりあえずは、自分の心の中に
「ポジションチェンジ」という言葉が入ってきたと思います。

また、うっとおしいと思った人もいるかもしれません。

 

しかし、いずれにしても、その言葉は意識で残ってしまうのです。

むかし、コカ・コーラーやオロナミンCがテレビCMでよくやった手法の応用です。

●スカッと爽やか

●元気ハツラツ

 

このように、キーワードを連呼するだけで、心理的に
メールだけでもコントロールが簡単に出来てしまうというわけです。

 

仕組みってこわいですね- (@_@;)

理解している人とそうでない人の差は、運命すら変わります。

 

だから本質を理解しよう、本質を探ろう、というわけです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 本質を理解することの重要性  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まじめな話をします。

 

売上を上げたいのであれば、まずはライバルサイトから購入したり、
欲しくなるように意識を変えることが条件です。

Webの最新情報なんて、ただの「出来事」です。

ツールの使い方なんて、しょせん「戦術」です。

しかし、本質をつかむ「戦略」がなければ短命ビジネスの
底なし沼に ボーっと立っているだけの状態です。

 

中小企業がWebで成長するには、Webとしての本質や
Web上でのユーザー心理の【本質】を理解する必要があります。
心理ではなく、真理です。

 

これで大成功しているのが、Amazonですよね。(今は世界的な大企業ですが)

 
テクニックだけには走らないように、注意しながら本質力を磨いていき
長期的な成長をしていきたいものです!(^-^)
今週はここまで。

また会いましょう。さようなら。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

面白い本が出ますよ。必見です。

Google PageRank の書籍です。
よくぞ書いてくれた、という、待望の書籍かも知れません。


Google PageRankの数理 ─最強検索エンジンのランキング手法を求めて─ (単行本)
出版社: 共立出版 (2009/10/12)
Amy N.Langville (著), Carl D.Meyer (著)
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4320122399/adw0d-22

一応、買っておいてください。

 

ではまた!

※メールマガジンの感想、応援メッセージなど大歓迎です!
よいこと、わるいこと、どんなことでも結構です。
返信は全員にはできないかもしれませんが、あなたの貴重なお時間を
わたしたちにいただくことは、感謝の気持ちでいっぱいです。
どんな声でも結構です。必ず目を通しています。
あなたの声をぜひともお聞かせ下さい。
(応援メールは、メルマガへ返信いただくだけで届きます)