三位一体のPPCマーケティング PPC広告を基盤とし、ターゲットをがっちり囲い込む。

Google University で学んだヒント

■鬼門!PPC広告コンサルのネット集客塾 090904号配信■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日のトピック:【Google University で学んだヒント】

こんにちは、金島弘樹です。

もう 9月。 なんだか時がたつのがはやい気がします。
今年中に出来ることは、かならず達成したいですね。

さてここにきて、インターネットは新しい成長カーブをさらに描こうとしています。
今までの概念が崩れ落ちるのも時間の問題かもしれませんよ。

まず検索エンジンでは Yahoo! 、MicroSoftの提携、モバイルのAndroidプラットフォーム、
Twitter、行動ターゲティング広告、YouTube、 Google アルゴリズム、 AdWords ・・・・etc。

どれから手をつけるべきか? 混乱してしまいませんか?(^-^;)

これらの情報に加え、自社のマーケティングもしっかりこなさなくては 競争には勝てません。

コンバージョン率アップや成約率を高め、
見込み客を集めながら、顧客をもっとフォローする。

こうしていかなくては中小企業は あっというまに時代に飲み込まれます。

そこで忙しい皆さんのために、このメルマガで出すヒントを
貪欲に実践し、時代の波を感じてもらいたいです!

Google University で学んだヒント

ad:techは、毎年アメリカ(ニューヨーク、サンフランシスコ)、パリなど世界各国で 行われている正解最大級のカンファレンスといわれています。 そのなかにある Google University にも参加してきました。 場所は東京都港区のザ・プリンスパークタワー東京です。 http://kaneshimahiroki.com/?eid=1109 ここで学んだ内容はまさに有意義。   Google の社員さんも私に気づいてくださり感激でした(笑) またそこでも、 直接 貴重な意見をお聞きさせていただきました。 AdWords ヘルプでは 当然教えてくれないシークレットな内容ですよ(^-^) (コンテンツターゲット広告とクオリティスコア(QS)についてです。)   さて 出席した内容は以下です。
2009 年 9 月 3 日(木) [プランニング編] 消費者理解とオンラインマーケティング戦略の立案 [実践編] AdWords を活用した集客向上とブランディング [実践編] モバイル広告の可能性と戦略的活用 [実践編] YouTube を活用した消費者とのエンゲージメント強化 [分析編] アクセス解析によるユーザー理解と ROI 向上のヒント
とうぜんですが、時間を割いて参加された方もいらっしゃるわけで ここでは全部話すことはモラルに反します。 ですが、参加したくても出来なかった方のためにヒントを少しおすそ分けします。 まず、プランニング編では、再度 Google のツールの使い方でした。 どんなツールの使い方を「あの人」はしていたのか?  

▼ ターゲットはどこにいる?[プランニング編]

セミナーでも話しましたが、マーケティングはSpeedです。 1にスピード、2にスピード。 しかも早いだけでは意味は無く、正確である必要もあります。
1、目標を定める 2、比較する 3、施策 4、効果を検証しながら 5、最適化
これらの工程をキャンペーンをはった場合、30日で仕上げる必要があります。 そこで代表されるのが、オバマ大統領。 有名な話ですが、これからはデジタル選挙、オンライン選挙ともいわれています。 あのオバマ大統領も、実は検索エンジンやYouTubeをつかって 国民にアピールしてコンバージョン(支持)をとっていたのですね。 この話には、ほんとうに頭が下がります。 オバマ大統領の場合は、選挙チームががんばってくれましたが わたしたちの場合は、ぜんぶ自分で行わなければ競合サイトに勝つことはできません! つまり全部覚えて実践することがスピードにつながります。 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

▼ 4つのツールをつかいこなす [実践編] AdWords

そこで、AdWords のキーワードツール、Google Insights for Search、 Google Ad Planner、急上昇トレンド(日本)を使いこなすことが必須だと Google は説明していました。 1つ1つのツールの説明は、ヘルプで見てください。 わたしも時間をとってなるべく、メルマガで紹介します。 また電通と Google のテストによると、SEO上位表示しているケースでも PPC広告をうったほうが、最大7%マインドシェアを奪えたそうです。 すくなくとも、その結果を見る限りでは1%以上は効果ありとのこと。 冷静な目で見れば、それは Google AdWords を利用して欲しいこじつけではないか? と思われる方もいらっしゃると思います。 だって、SEO上位表示しているんだから、無駄なコストは使いたくないと 考えるのは、普通のマーケッターなら当然です。

根拠を考える  [実践編] AdWords

わたしが調べた別の資料では、検索連動型広告とオーガニック検索結果では、 約80%が別のユーザーともいわれています。 広告をクリックする人は、広告をクリックする、 オーガニックをクリックする人は、オーガニックだけ。 このように約8割が違うのですね。 このことから、やはり1つの答えがでてきます。 それは、SEOでも頑張れ!PPC広告も頑張れ!ということ(笑) 当たり前の話ですよね。 両方とも結果を出すのは、インターネットでは当たり前です。   だから、どっちかを頑張ればいい、というわけじゃないんですね。 両方結果を出すんです。 両方とも、効果的なマーケティングが必要なんです。   つまり さっきの Google の話とつじつまが合ってくるというわけですね。 だから、私もクライアントさんにはPPC広告だけだと注意します。 SEOやその他もやるべきだと。 自分で出来る方は、とうぜんコストがかからないように自分でやるべきです。 時間を有効に使いたい方は、プロを利用するべきです! それは、私でなくても構いません。 あなたにあったプロを探して、より効果的にビジネスを成長させると これほど楽しいものはありませんからね。

クリック単価が上昇する理由は検索ボリューム

さいごに、わたしのWeb Research Marketing BlogでPPC広告の基本ですが ヒントを話していますので、よかったら読んでください。 http://www.ppc-adw.jp/blog/2009/09/post-5.html   今週はここまで。 また会いましょう!さようなら。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 最近、いそがしいです(汗) クライアントさんを募集したところ、すぐに集まってくれました。 しかも、前回のセミナーをDVD化するため、編集作業をしています。 見ていただける方にとって、大きなヒントになるように いま、必死でテロップや字幕をいれようと頑張っています。 いいものができれば販売しますが、そうでないと思ったら売りません(汗) またそのとき、ご紹介しますm(_ _)m   ではまた! ※メールマガジンの感想、応援メッセージなど大歓迎です! よいこと、わるいこと、どんなことでも結構です。 返信は全員にはできないかもしれませんが、あなたの貴重なお時間を わたしたちにいただくことは、感謝の気持ちでいっぱいです。 どんな声でも結構です。必ず目を通しています。 あなたの声をぜひともお聞かせ下さい。 (応援メールは、メルマガへ返信いただくだけで届きます)