三位一体のPPCマーケティング PPC広告を基盤とし、ターゲットをがっちり囲い込む。

行動ターゲティングを知る?

■鬼門!PPC広告のネット集客塾  080121配信■
鬼門!PPC広告コンサルのネット集客塾

こんにちは、金島弘樹です。

まもなく、PPC広告のコンサルティングサービスを
開始します。
PPC広告pro - コンサルティングサイト

30名限定で、コンサルを開始しますが、
2月の後半より、All About認定のITコンサルタントとなりました。

これにより、さらなるブランディングと情報収集ができるかと思います。

また、クライアントになっていただいて皆様には
少しずつですが、オフィシャルサイトのAll About でリンクを載せて
サイトパワーをあげてみるつもりです。

当然、私のサイトもヤフービジネスエクスプレスに申請しますが、
弱いリンクを沢山はるよりも、強いリンクを何本か通すことのに今の
SEO対策は意味があります。

少しでもよいアフターフォローができればいいですね(笑)

さて、今少しずつ話題になりつつある広告。
「マイクロアド」
http://www.microad.jp/

行動ターゲティングやリターゲティング広告といい、あなたの今まで
PCを触ってきた行動が、クッキーに残り、その人間の属性にあった広告を
ブログなどアドセンスに近い枠に出向されるというもの。

当然、今はまだ、出たばかりでアカウントをとるには一番重要な
タイミングといえるだろう。

私は、すでにとってあるが、PPC広告のアドワーズやオーバーチュアに
代表される入札式のキーワード単価ではなく、
もともとキーワードの単価が決まっているため、あらかじめ今の段階では

コストを抑えやすいといえる。

まさに、新しい広告が必要になってきた時代といえるのだ。

アドワーズ広告の歴史をたどると、アメリカで2000年にスタートし、
日本では2年後にスタート。

それに伴い、さらに2年後の2004年にオーバーチュアとヤフーが提携し、
今にいたるのだが、ここで考えると面白いのが、

「オーバーチュアは、グーグルの後を追っている」

という点なのだ(笑)

世界の先端を走るグーグルアドワーズ広告はどうしても機能の名前が
覚えにくいという理由も、アメリカの言葉をそのまま日本に直訳しているため、
オーバーチュアよりもわかりにくい名前となっている。

そのため、名前を覚えるだけでも大変。

そういう点では、行動ターゲティングやリターゲティングという名前は
名前だけで推測しやすい広告なので、是非とも先に、アカウントをとりたい
ところということで、読者のみなさまにはご紹介。

「マイクロアド」
http://www.microad.jp/

ネットビジネスは全て早い者勝ち。

やった者だけが生き残り、知らない者は立ち去るというシビアな世界。

だからこそ、商品が今もし、あなたが売れているならそれは黄色信号だと
私の目から見ればいえることかもしれない。

つまり、目先に走らず、常にマーケティングを幅広くする必要があるということ。

それがわかれば、非常に楽しいネットビジネスが展開できるでしょう。

金島弘樹のPPC広告コンサルティングは
1月の末から募集します。
PPC広告pro - コンサルティングサイト

1/31に平賀正彦先生のセミナーゲストに特別講師として参加させて
いただくので、そちらを聞いてご入会される方もいると思いますが、
今の読者の方には、電話面談がありますが、先に先行のお知らせをします。

電話会員の申し込みはこちら
コンサルティングサービス - PPC広告prol

追伸:
LPO対策のサイトを近日たちあげ、さらによい情報提供をする予定。

予定URL
http://www.lpo-sem.jp/
(まだドメインをとっただけのため、つながらない。。。)

それではまた、お会いしましょう。