お酒買取で査定する時気を付けたいポイント

お酒買取で査定する時気を付けたいポイント

お酒買取の査定ポイント


お酒買取業者に依頼をすると、まずは査定をしてもらうところから始まります。査定をしてもらってどのくらいの価格になるか判断されるということですね。

査定ではどんなところをチェックされているか気になりませんか?少し意識するだけでも価格がアップする可能性があるので、査定ポイントを知っておくのは大事なことですよ。

それでは、こちらではお酒買取の査定ポイントについて詳しく紹介していきますね。

ラベル・ボトルの状態

まず基本的なことになりますが、査定のときに特に重要視するのは「品物の状態」です。状態が良ければ高価格になりやすいですし、反対に状態が悪ければ価格が下がってしまいます。

お酒は蒸発して中身が減っていないか、色が変わっていないかなどをチェックされます。中身の液体はもちろん、外観もチェックされるということを忘れてはいけません。ラベルやボトルの状態はどんな感じなのかしっかり見られるので、ホコリがついていたらとるなど、なるべく綺麗にしておくことをおすすめします。

ラベルが破れていたり、傷やヒビが入っていると査定額は下がりやすいです。これから購入するお酒を売るかもしれないなら、しっかりと保存して良い状態を保っておきましょう。

製造日からなるべく早く売る


「お酒って賞味期限があるの?」と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。口に入れるものですし、賞味期限があると思いますよね。実はお酒に基本的に賞味期限がありません。アルコールの度数が高いと、腐った状態にならないのです。種類によっては熟成期間が長くなればなるほど価値が上がっていくものもあります。

ただ、日本酒やビールはそれに当てはまらないので要注意。どちらも劣化が早く、時間が経つと風味などが失われてしまいます。賞味期限が切れているものは買取不可になってしまうので、できれば早めに売るのがおすすめです。

賞味期限が切れていなくても製造日から時間が経ってしまっている場合は、価格が下がってしまいます。不要なのであれば自宅に眠らせておかずにすぐに買取に出しましょう。

付属品が残っているか

高く買い取ってもらうためには、より完璧な状態であることが望ましいです。品物の状態ももちろん大事ですが、付属品があるかどうかも重要になってきます。

付属品とはお酒を買ったときについてくる箱や、替えの栓などです。これらが揃っていれば、より高値で買い取りしてもらえる可能性があります。

付属品がなくても買取可能ではありますが、できるだけ高く売りたいのであれば付属品を揃えて査定に出しましょう。

査定で高値がつくお酒の特徴


お酒は様々な種類があるため、どんなものに高値がつくのかわからないという人も多いでしょう。自分の手元にあるお酒は果たして高く売れるのか知っておきたいですよね。そこで、ここからは査定で高値がつくお酒の特徴について説明していきます。

これから査定してもらおうと思っている人は、買取業者に依頼する前にチェックしておきましょう。

流通が少なく希少性が高いお酒

たくさん生産されていて気軽に飲みやすいお酒もあれば、生産数が少ないお酒もあります。生産数が少ないということは流通も少なくなるので、希少性が高くなっているんですよね。特に人気が高いものになると、より価値が上がっていきます。

買取業者もなかなか出回らないお酒に関しては、高値で買い取ってくれる可能性が高いです。種類によって価格は様々なので、売りたいお酒と同じものがどのくらいで買取されたか見ておくと良いかもしれません。

元々の定価が高い


お酒は種類によって値段がバラバラです。気軽に飲める安価なもの、数万円以上する高級なものなど色々あります。その中でも元々の定価が高いお酒は、高値がつきやすいですね。

人気になって需要が高まれば価値も上がっていきますが、価値が下がったとしても元々の定価が高い分ある程度の価格で売れます。定価からどのくらい下がるかはその時の相場次第ですね。

高値がつく可能性はありますが、できれば価値が下がる前に買い取ってもらうことをおすすめします。

熟成されたお酒

ウイスキーやブランデーはアルコール度数が高く、長く保存できます。劣化しにくいため正しい方法で保管すれば、古くなっても飲むことができるんですよね。その他にも高級なワインは長く熟成させた方が味わいが増すとされています。ただ、ワインは正しく保管しないと劣化しやすいので注意しなくてはいけません。

古くなってしまうとどうしても価値が下がると思いがちですが、お酒に関しては熟成されたものが高値になることもあるのです。「古いからきっと売れないだろう」と思わずに、ぜひ一度査定してもらってください。もしかしたら予想以上の価格で売れるかもしれませんよ。

売るときはまとめて


売りたいお酒を数回に分けて買取に出すと、その分費用がかかってしまいます。費用というのは査定するスタッフの人件費、出張の場合のガソリン代などです。費用がかかってしまう分買取価格が安くなってしまうこともあります。

なので、もし大量に売りたいお酒があるときは、できるだけ費用がかからないようにまとめて出しましょう。まとめて売ることによって費用を抑えることができますし、手間も省けます。

業者によってはまとめて査定すると、価格がアップするというところもあるので、一度に売った方がお得ですよ。

まとめ

・状態によって価格が変わるので、綺麗に保存しておくことが大事
・劣化しやすいものは早めに売るようにすること
・付属品があれば揃えて査定に出す
・流通が少ないものは希少性が高く、高値がつきやすい
・元々定価が高いものは、価値が下がっても高く売れる
・長く保存できるお酒は、古くても高値がつく場合がある
・まとめて売ることで手間も省けるし、買取価格がアップするのでお得