アルコール依存症で断酒する人にお酒買取をすすめる理由

アルコール依存症で断酒する人にお酒買取をすすめる理由

アルコール依存症は自分では気づかない


僕はお酒が好きでよく自宅でも飲んでいますが、僕以上にお酒好きのアルコール依存症だった友達がいます。身近にいる人がアルコール依存症になるとは思ってもいませんでした。

あきらかに様子がおかしいなとは思っていたので、何度か指摘したこともありましたが、その友達は「自分は違う」と否定していたんです。その時アルコール依存症は自分では気づかないものなのだと知りました。

自分はそうではないと思っていても、もしかしたらアルコール依存症の疑いがあるという人もいるかもしれません。こちらではどんな特徴があるのか詳しくまとめていくので、まずは理解を深めていきましょう。

休日も朝から飲む


まずアルコール依存症の疑いがある人は、時間を気にせず飲みたくなってしまうようです。そのため、休みの日であれば朝から飲んで、何時間も飲み続けるなんてことも。

ただ、朝から飲む人は絶対そうであるとは言い切れません。飲んでいても意識がしっかりしていて、生活に影響がなければ問題ないです。

例えば長時間飲み続けて次の日の仕事に影響が出てしまう、わかっているのに飲んでしまうという場合は要注意。自宅にあるお酒をどうしても飲みたくなってしまうという場合は、常備しておくのをやめるなどの対策を取りましょう。

やめるといってやめられない

周りから何度も「もうやめた方が良い」と言われ、やめると決意してもなかなかやめられない人もいます。アルコール依存症はコントロールが効かなくなり、やめたくてもやめられなくなってしまうのです。

このようになってしまう場合は、まずお酒から離れましょう。とは言ってもそう簡単にはいかないかもしれませんが、お酒を買わない、飲める場所にはいかないなどの努力を少しづつしていくことが大切です。

お酒が原因で人間関係が悪くなる


「お酒をついつい飲みすぎてしまって、友人との約束をすっぽかしてしまった」そんな経験がある人いませんか?大事な約束があるとわかっていてもお酒を優先してしまうというのは、依存症の疑いがあります。

一度だけならまだしも何回も同じことを繰り返してしまうと、さすがに周りの人も嫌な気分になり、それが原因で関係が崩れるケースも多いです。実際僕も冒頭で紹介した友達に約束をすっぽかされた経験が何度かありましたね。

これを防ぐためには約束があるときは飲まない、自宅にお酒を置いておかないということを徹底するのがおすすめです。

飲みだしたら止まらない

自分でコントロールできる人は、飲んでいてもやめ時をわかっています。これ以上は良くないと判断できれば、抑えることができます。

しかし、アルコール依存症の場合は、一度飲み始めたらなかなか止めることができません。自分自身では止められず、周りから言われてもやめられないんですよね。

止められても飲んでしまう、長時間飲みすぎて記憶がなくなっているという人は要注意。飲むペースが早く、大量に飲んでしまうという場合は身体にも負担が大きいです。

家にお酒がないと落ち着かない


常に飲みたくなってしまうため、家にお酒がないとイライラしたり、落ち着かないといった症状も出てきます。アルコールを摂取することでその症状が治まるので、飲むのをやめられないという人が多いのです。

治まるといっても一時的ですし、根本的な解決にはなっていません。自分で治すというのはなかなか難しいので、専門的な治療を受けることをおすすめします。

酒買取をすすめる理由


僕はアルコール依存症だった友達に、お酒買取をすすめました。何とか少しでもお酒と距離をとって、改善できればと思ったからです。結果的に問題が解決したと実感できたので、断酒を考えている人にもぜひおすすめします。僕が買取をすすめる理由はこちらです。

家にお酒がないこと

完全にお酒を断つためには、自分の周りに置いておかないことが大切です。自宅に一本でもあれば意識してしまうので、買取に出してゼロの状態にします。そうすることによって誘惑もなくなりますし、お酒のことを考える時間が減ってくるんですよね。

しかし、自宅にない状態にするといっても、ただ捨ててしまうのはもったいないと感じてしまうはず。そこでおすすめなのが、買取業者に依頼することなんです。他の誰かの手に渡ることになるので無駄にはなりません。

電話一本で買取できる


お酒を買い取ってもらうのに手間がかかるなら面倒だと感じてしまう人もいるかもしれません。実はお酒買取はすごく楽に売ることができるんです。店頭に持ち込むという方法もありますが、自宅まで来てくれる出張買取もあります。

出張買取は電話をして日にちと時間を決めれば、後は当日を待つだけ。当日になったら業者が来てくれて、査定をしてもらって価格に満足できれば取引終了です。とても簡単ですし、電話一本で済むというのが良いですよね。

お金になる

店頭買取や出張買取の場合は、その場ですぐに現金をもらうことができます。初めのうちはお酒を手放すのが惜しいと感じるかもしれませんが、お金になると違った喜びが生まれるはずです。

ただ捨ててしまうだけでは何も残りません。しかし、買い取ってもらうことでお金にかえることができます。そのお金で何をするかは個人の自由です。お酒以外で興味のあることに使っても良いですし、貯めておくのも良いかもしれませんね。

断酒のメリット


「断酒を考えてるけど、なかなか実行できない」そんな人もいると思います。急にやめるのは大変かもしれませんが、断酒することによってたくさんのメリットがあることを知ってほしいです。どんなメリットがあるのかこれから詳しく紹介していきますね。

病気になりにくくなる

たくさんお酒を飲みすぎると血圧が上昇したり、肝臓に影響が出やすくなります。軽く飲むくらいだったらリラックスしたり、疲れが取れたりしますが、飲みすぎると体に良くないです。

断酒することで体への負担が少なくなり、病気になりにくくなるというメリットがあります。若いうちから飲み続けていると、将来的に不調が出てくる可能性が高いです。いつまでも健康で長生きするためにも、断酒することは大事なことなんですよ。

ダイエット効果がある


お酒だけを飲むという人もいると思いますが、多くの人は一緒に何かつまんでいませんか?お酒に合う美味しい食べ物を食べ続ければ、確実に太ってしまいます。断酒をすることによって何か食べるという機会も減るため、自然と痩せていくはずですよ。

お酒を飲む人で「なかなか痩せられない」と悩んでいる場合は、まずは断酒から始めましょう。初めのうちはきつく感じるかもしれませんが、徐々に慣れていきますよ。

時間が増える

お酒をたくさん飲んで二日酔いになると、次の日動くのが辛くなってしまいますよね。「何もできずにただ時間がつぶれてしまった…」という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

断酒ができれば二日酔いになることもありませんし、活発に動けるようになります。二日酔いで苦しんでた時間を、自分の自由な時間にかえられるんです。好きなことができるようになりますし、何か新たなことにチャレンジするというのも良いかもしれませんね。

お金が貯まる


酎ハイなど安いお酒もありますが、値段が高いお酒もあるので、飲酒する人はたくさんお金を使っているはずです。もし断酒できれば、お酒に使っていたお金が浮きます。浮いたお金は他のことに使っても良いですし、貯めるのもアリです。

しょっちゅう飲んでいた場合は、飲まなくなるだけでもかなりのお金になると思います。

新たなお酒を購入するのではなく、何か別のことに使えるように考えてみましょう。

まとめ

・アルコール依存症はなかなか自分では気づかない
・休みの日に朝から飲んでしまう人は、家に常備するのをやめてみる
・やめたくてもやめられない人は、まずはお酒から離れる努力をしてみることが大事
・アルコール依存症は人間関係を悪くする原因になることがある
・自分で治すのは難しいので、専門的な治療を受けるのがおすすめ
・買取してもらえば家にお酒がない状態を作ることができる
・出張買取は電話一本で済むのでとても簡単
・捨てるだけでは何も残らないが、買い取ってもらえばお金になる
・断酒は病気になりにくくなって、ダイエット効果も期待できる
・二日酔いがなくなれば活発に動けて、自分の自由な時間を増やせる
・飲酒をやめるとお金が浮くので貯まりやすくなるし、何か別のことに使うのもアリ