top

ppcの最近のブログ記事

dell.jpg

皆さんは、「商品情報表示オプション」という言葉を聞いたことがありますか?
まだあまり聞きなれない言葉かもしれません。

このオプションは添付している画像のように、Google AdWordsで商品画像を掲載できる設定とのことです。といいますのも先日DELLをみたところ上記のような表示になっていました。

Google AdWordsに問合せをしましたところ、以下の回答をいただけました。

----------------------------------------------------------------------------------------------
平素より Google AdWords をご利用いただき誠にありがとうございます。

広告の下に表示される商品の写真は「商品情報表示オプション」という機能でございます。

恐れ入りますが、商品情報表示オプションは現在正式に日本にて公開されておりません。
金島様がご覧になられた広告は、ベータ版のテストを施行している一部の広告主様へのものでございます。

こちらは実験的に一部のお客様にご利用頂いているオプションでございまして、現在お客様のアカウントではこちらのベータ版のテストを実行ができませんことをご了承くださいませ。

商品情報表示オプションの正式な日本での公開予定は未定でございますが、こちらが公開されました際は、公式ブログにてアナウンスさせていただきます。

----------------------------------------------------------------------------------------------

こちらに関する情報は、私たちもいろいろ調べたわけではありませんからどのようなパフォーマンスになるのか読めません。
12月に入り、SEO関連の動きが活発です。
やはり、一番の動きとしてはyahoo!のオーガニック検索結果がGoogleの検索結果と足並みが揃ってきたことでしょう。

当社のキーワードで検索しても、その結果が揃っていることがわかります。

2010.12.10 Google検索「PPC」
1210google.jpg

2010.12.10 yahoo!検索「PPC」
1210yahoo.jpg

今までyahoo!だけで集中してSEO対策をしていたという方、焦らなくても大丈夫です。
当社では検索エンジンの発展性と、ウェブとの関係を研究した結果、どのような変化にも対応できるSEO対策のノウハウがございます。


AdWordsにて、指定したキーワードで適正に広告が表示されているかをチェックすることは最も重要な作業ですが、キーワードを大量に設定した場合、その一つ一つをチェックするのはかなりの時間を要するかと思います。
そんなときに活躍するのが、AdWordsが提供するキーワード診断です。

方法はとても簡単です。
まず【キーワード】ページを表示し、[その他の操作] メニューを開き、[キーワードの診断]を選択します。

key1.jpg 
人間がいくら賢くなったからといっても、やはり動物は動物。
静止しているものより、動いているものに注目するのは本能です。

広告でも、テレビCMなどの動画はただそこにいるだけで流れてくれるので、文章だけで説得するより何倍もの影響力を持ちます。

インターネットではずっと文章でのPRが主流でしたが、今では小さい企業体ででも安価で手軽に動画広告を流せる時代となりました。その引き金となるであろう、新しい広告サービスが、youtube動画ターゲティングツールでしょう。

先日、アドワーズ公式ブログにて日本でのリリースが正式に開始されたことを伝えました。
20100524_01.jpg
注目するべきポイントは、ユーザー属性が指定できることでしょう。
SEOで迷ったとき、考え方のベースとなるのは
「検索エンジンは一つの広告媒体である
 一番大切なことは、視聴率を高めること、
 有益な情報、サイトを、
 わかりやすくユーザーに伝えることこそが
 検索エンジンの存在意義であること」です。

SEOでは様々なテクニックが存在しますが、
ユーザーにとって有益であるポイントを、いかに検索エンジンサイドに的確に伝えられるか、そこがポイントであると思います。

さて、もうお気づきの方も多いと思いますが、昨日、Googleの検索結果ページが3カラムに変更されました。ポイントは3つあります。

一つ目は、時間軸が追加されたこで、ニュース性が高まったこと
二つ目は、よりユーザーのカスタマイズ性が高まったこと
三つ目は、ユーザーにとってよりわかりやすいレイアウトになったこと

EasyCapture1.gif

ウェブマスターが特に注目したいポイントは、二つ目の"カスタマイズ性が高まったこと"でしょう。
海外サービスが日本にやってくるとき、どうしても翻訳という大きな壁にぶち当たるのか、
googleの有益な広告サービスがなかなか浸透しないということがあるようです。

google HELPを読んでいても、文法が少しややこしくてストレートに伝わらないということがあったのですが、このたび、それを解決してくれるサイトがオープンしたようです!

Google for Advertisers

google_advertisres.jpg

子供に何かを伝えようとすると、その子供の知識に合わせて情報を噛み砕きます。

それと同様に、伝えたい相手をイメージしてホームページを作成することは
マーケティングにおいて基礎中の基礎ともいえるのですが、
正しく"ターゲットユーザーの選定"をされているホームページは驚くほど少ないのです。

誰に伝えたいか、
それはどういった年代で、
どのような人物であるか
詳しければ詳しいほど良いとされています。

これは、ウェブマーケティングでキーワードを選定するときに
大きな効力を発揮します。

わかりやすい例で言うと・・・
例えばあなたが「求人情報」を伝えたい場合、
年代によって、使うキーワードが違ってくるのです。
アナリティクスのトラフィックサマリーでみても、参照元の上位には検索エンジンが並びます。

あなたのホームページにやってくるユーザーのほとんどは調べたいキーワードを入れてやってくるのです。

あなたのホームページに適したキーワードを選ぶのも大切ですが、
どのようなキーワードが使われているのかを知るのも、ウェブリサーチマーケティングでは有効かと思います。

なので、今日はこんなサイトを紹介しますね。
2009年検索ワードランキング
ranking.bmp

上位に並んでいるのは、やはり動画サイトや、コミュニティサイトが多くを占めています。
しかも、上位8位までは、昨年と順位が変わっていない不動な人気を感じさせますね。

ここから、ユーザーの特徴も知ることができます。
mixiなど、日常的にみているサイトは、ブックマークからアクセスするより、インターネットを立ち上げて、初期設定で表示される検索エンジンにmixiと入れてログインしている人が多いのでしょう。

また、年末に話題となった"twitter"が意外とエントリーされていないのも気になります。

年末にこのように検索キーワードランキングが表示されるので、ご自身のウェブ作成、キーワード選びに活用されてはいかがでしょうか。



アカウントの管理を行っていて、なんだかコストが高くなったことありませんか?
実は、これはあなたが選んだキーワード自体がポイントになります。

ビッグワード・・・1語(あるいは月間検索数1万回以上)
ミドルワード・・・2語
スモールワード・・・3語
コンサルタントによっては3語もミドルと呼ぶ方もいらっしゃいますが、私はわかりやすくここでは、上記のように説明しています。
0904.jpg

検索連動型広告でクリック単価が上昇する、あるいは上昇している理由は検索ボリュームが多いというものが理由です。
そこで、広告主はなるべくコストをかけたくないがために、このビッグワードを停止するかクリック単価を下げてしまいます。
逆に言うとこういう行為は見込み客を放棄しているのと同じことです。
基本的なことのヒントですが、PPC広告で成功できずに諦めてしまった人、あるいは効果がなく意味がないと思っている人は、ほぼ同じ条件で失敗しています。
top
メールマガジン登録
専門家だけが知っているPPC広告やSEO、アナリティクスの最新情報をいち早くお届け!
メールアドレス:


ppc広告完全マニュアル

seo対策で不動の検索上位を奪う方法
アーカイブ
PPC広告 pro - 金島弘樹のコンサルティングサイト