top

ニュース速報に関する新しいタグの発表(Google)

今は、個人であってもニュース速報を出せる時代です。
しかし、記事を他のウェブサイトに配給するサイトも増加し、
ニュース記事を書いたジャーナリストがあやふやになる
ことも多くなっているのも現実なんだそうです。

そこで、Googleは、ニュース用の新しいメタタグを
試験的に進めているそうです。

それが
・syndication-source
・original-source
使用する場面はことなりますが、記事を公開したニュースの発行元と、
記事を書いた他のジャーナリストを正しく伝えることが目的です。

これらは
syndication-source
配給された記事の、優先的に表示させたい URL (つまり、情報源であるURL)を指定するために使います。

2 つの記事が全く同じ、あるいはほぼ同一である場合、
発行元には syndication-source を使って
Google ニュースで使用すべき URL を指定します。

例えば、発行元 X が発行元 Y に記事を配給している場合、
両社とも該当の記事に以下のメタタグを追加する必要があります。
<meta name="syndication-source" content="http://www.発行元 X.com/">

original-source
あるニュースを最初に報じた記事の URL を指定するために使います。
発行元が『情報源である』と伝える手段の一つです。

どの記事が最初の記事か判断しにくい場合もあるとは思いますが、
このメタタグの目的は記事を書いた人の努力や労力が
きちんと評価されることにあります。

あるトピックについて初めて書かれた記事につけるメタタグは、
次のようになります。
<meta name="original-source" content="http://www.example.com/burglary_at_watergate.html">


様々な情報が氾濫するインターネット社会の中でも、
ある一定の規律が作られようとしていますが、
誰もが安全で快適なインターネットライフを過ごせるためには、
優良なウェブマスター達の手にゆだねられていると言っても過言では
ないと思います。

例えば、飲食店でのパーティ情報でも、セミナー情報であっても、
一つのニュースリリースであるので、サイトの大小に関わらず
このようなタグの存在を知っておくことも必要だと思いますよ。

top
メールマガジン登録
専門家だけが知っているPPC広告やSEO、アナリティクスの最新情報をいち早くお届け!
メールアドレス:


ppc広告完全マニュアル

seo対策で不動の検索上位を奪う方法
アーカイブ
PPC広告 pro - 金島弘樹のコンサルティングサイト