top

CMから学ぶ ~日清カップヌードル


ワールドカップを観ている方は、このCMを本当にたくさん目にしたのではないでしょうか。
また、この曲が話題になっている頃に青春していた方には、かなりの興味をもたれたことでしょう。

CM戦略の一つに、BGMがありますが、新曲とのタイアップも一つですし、
その商品のターゲットカスタマーが青春時代に流れていた懐メロを使う手法が多くとられています。
それだけ、青春時代には感情を動かす出来事があって、曲を聴いた瞬間にココロを揺さぶられるのではないでしょうか。

このCM曲はおよそ14年前にヒットしたものですが、その頃に青春時代をすごしていた人たちにとっては、まさにドストライクのコンテンツだったと思います。
このようにして、一瞬でその人の心に働きかけるきっかけを、専門用語で「トリガー」と言いますが、このトリガーの衝撃力で飛躍的にアップさせることができるのです。
トリガーで大きくココロが揺さぶられたとき、人は理性を越えて、感情でモノをかんがえるようになります。
「購入できるか、できないか」と理性で考えるのではなく、ただ単純に「欲しい」という欲求を引き起こすことができるのです。

これらの特性を考えて、ウェブページの構成などを考えると、反応率は確実にアップします。
もし現在の商品ターゲットのペルソナイメージがもてない場合は、その人たちの青春時代に流行した音楽などをピックアップするのも一つだと思います。

余談ですが、私はこのCMをコンビニで思い出し、数年ぶりにカップヌードルを食べました。私へのCM効果は大成功といったところでしょうか。
top
メールマガジン登録
専門家だけが知っているPPC広告やSEO、アナリティクスの最新情報をいち早くお届け!
メールアドレス:


ppc広告完全マニュアル

seo対策で不動の検索上位を奪う方法
アーカイブ
PPC広告 pro - 金島弘樹のコンサルティングサイト