top

ワールドカップから知る検索傾向と対策

yahoo! JAPANのスタッフが発表したW杯あけの急上昇キーワードには
大変興味深い傾向が現れていました。

W杯にあたって、急上昇したキーワードの中には、サッカー用語や
観戦できるお店の検索などが次々とでてくる中、だんとつの一位になった単語・・・

それは・・・「荻野 文子

誰?!

・・・が正直な感想だと思います。
これに関連して急上昇したキーワードは「マドンナ古文」
worldcup-2.gif

これはハーフタイムの間に放送された「東進の夏期講習」CMに登場した古文の先生の名前だそうです。他にも「ジャミロクワイ」・・・ワールドカップ中にたくさん流れていたカップヌードルのCMに関連しての検索だそうです。

後半終了直後、なぜか検索が急増したのが「まだだ まだ終わらんよ」というワード。
これも大変興味があります。
worldcup-3.gif

これはアニメの主人公の名台詞なんだそうですが、なんと、観客席でこの文字を書いたプラカードが写ったという理由から、検索急上昇キーワードになったということです。

日本国民の半数以上が見守ったゲームの裏には、テレビのトピックとインターネットの検索がほぼリアルタイムで行われているというのは、大変興味深い現象だと思います。

一過性のキーワードではありますが、先にあるイベントから予想されるキーワードをロングテールとして持っておくのも面白いかもしれませんね。
CMという手法ではありましたが、東進の夏期講習に関するアクセスは急上昇する結果を招けたのもワールドカップ特需と言っても良いのではないでしょうか。



Yahoo!JAPANスタッフブログより一部引用:
top
メールマガジン登録
専門家だけが知っているPPC広告やSEO、アナリティクスの最新情報をいち早くお届け!
メールアドレス:


ppc広告完全マニュアル

seo対策で不動の検索上位を奪う方法
アーカイブ
PPC広告 pro - 金島弘樹のコンサルティングサイト