top

BingのSEO

MicroSoftが開発した新しい検索サービスBingが、きたる7月13日に正式オープンとなります。
ちょうど一年前の米Yahoo!と米Microsoftとの提携が発表されたころから、常に話題になっていたのは、BingへのSEO対策です。

このたび正式オープンに先駆けて、Webマスター向けのティップが公開されました。
それによると、基本的なSEOと大きな違いはないように見えますが、
主だった注意点を以下に列挙します。

1.正しいキーワードを選ぶ
2.キーワードを強調したい箇所に設置する
3.エンドユーザーにとって魅力的なコンテンツであるか
4.サイト内エラーをなくす
5.良いリンク、悪いリンク
6.サイトアーキテクチャー
7.リンク
8.SEOに配慮したコンテンツ設計
9.画像、フラッシュ、スクリプト

1.については、特筆することはありません。一般的なSEOと変わらず、適したキーワードを選ぶことのみです。
2.キーワードを強調したい箇所に設置する・・・については、
一般的なSEOと変わりません、しかし、公式サイトでは以下に"自然に"キーワードを置くことを推奨しています。
 a.ページタイトル(<title>タグの中)
 b.テキスト本文の見出し(<h1> </h1>、<h2> </h2>など、見出しタグの中)
 c.ほかのページへのリンク(<a> </a>タグの間のリンクテキスト)
 d.metaタグ(name="description"とname="keyword"パラメーター内)

3.エンドユーザーにとって魅力的なコンテンツであるか
単純なスペルミスを最小限に減らし、専門知識をより深く、興味深く伝えることが大切、とありますが、これも他のSEO対策となんら変わりません。

4.サイト内エラーをなくす
無意味なマークアップなどを極力減らし、W3Cチェックなどで、コーディングエラーをチェックしてください。

5.良いリンク、悪いリンク
関連性のあるサイトから「推薦」といった意味でのリンクを貰うこと。数をどれだけ増やすより、良質なリンクのほうが価値があります。

6.サイトアーキテクチャー
SEOに必要な三つの柱があるとすれば、一つ目はコンテンツ、二つ目はリンク、そして三つ目は、このサイトアーキテクチャーです。つまり、提供する先は人間でも、その情報を集めるロボットにもわかりやすいサイトでなければいけません。
ここはとても大切なので、チェックしてください。

まず一つ目は、ファイル名とディレクトリ名にページを説明する言葉を用いるということです。ユーザーとロボットにページの関連性をより詳しく伝えることができます。
また、ファイル名とディレクトリ名を用いるテキストには、単語を区切るときアンダーバーではなく、ハイフンを用いることにしましょう。そうでないと、テキストを正しく理解できず、意味を成さない長いキーワードとして扱われる可能性があるからです。

二つ目は、ディレクトリの階層数を制限することです。ルートディレクトリから4階層以下の子ディレクトリは作らないよう心がけましょう。

三つ目は、JavaScriptやCSSの外部ファイル化。

四つ目は、サイトを新しいドメインに移動したり、サイト内のフォルダ名やファイル名を変更したりしたときに、これまでに稼いだリンクジュースを失わないように301リダイレクトを使用することです。JavaScripとmeta refreshタグで転送することは避けましょう。また、404エラーに対して、カスタム404ページを作成しておくことも大切です。

7.リンク
外部からリンクを貰うときに注意しなければならないのが、wwwのありなしです。基本的なSEOでもありますが、統一することを強く推奨します。

また、リンク評価をより一層高めるために、内部リンクに絶対URLを使うようにしましょう。この際、リンクタグの中にタイトル属性を追加することも推奨されています。

他にも、「各ページに必ず内部リンクを張る」「関連性のないリンクを並べただけのページを作らない」など、基本的ですが、注意して見直してみたいところです。

8.SEOに配慮したコンテンツ設計
ウェブサイトのコンテンツを設計するときは、なるべくパスを浅くすることに重点を置きながら、情報を全体像から具体的なものへと流れるように整理します。組織図のように配置を設計してゆきましょう。

また、サイト内にある強調したいキーワードには<strong>タグは有効に働くそうです。大きい働きではないそうですが、Bingでは公認のようです。

9.画像、フラッシュ、スクリプト
タイトルを画像におきかえ、alt属性を使用してテキストをキーワードとして読み込んでもらおうという方は多いかもしれませんが、それほど大きな成果を残さないとしています。画像に挿入されるテキストは、代替テキストであって、ロボットが積極的に読み取るものではないと断言しています。

画像検索などの手法もあるので、テキストを入れておくことを強くすすめますが、前述にもあるように、強調タグの中に画像+テキストとするのは期待はずれになることが多そうです。

ですが、ポイントとして、画像のファイル名をキーワードに近いものにすることは有効な手段といえます。

最後に、見出しタグについていくつかの注意点を挙げておきます。
a.<h1>は一ページに一回としましょう。
b.<h2>またはそれ以下の階層のタグを1ページ当たり一つ以上使用OKです。
c.見出しタグ内にもキーワードを挿入しますが、タイトルタグで使用しているテキストと同じものは使わないよう。キーワードの親和性を失うことになります。
d.見出しタグのテキスト数は、150から200文字に制限します。
e.見出しタグでは、画像は用いず、テキストだけ用いるようにしましょう。


以上が公式な発表から抜粋したものとなりますが、細かい部分での違いはあれど、基本的なSEOの概念からはやはり大きく離れていないと思います。

良質なサイトが上位表示されること、
また多少のテクニックでキーワードをしっかりとアプローチすること、

今後のBingの行方に注目したいものです。
top
メールマガジン登録
専門家だけが知っているPPC広告やSEO、アナリティクスの最新情報をいち早くお届け!
メールアドレス:


ppc広告完全マニュアル

seo対策で不動の検索上位を奪う方法
アーカイブ
PPC広告 pro - 金島弘樹のコンサルティングサイト