top

2010年7月アーカイブ

Yahoo.comでBingへの切り替えテストが行われていることで、Yahoo! JAPANもそれにのっかるだろうと予想していたウェブ屋さんが多かったこの時期に衝撃的に発表されたYahoo! JAPANとグーグルの提携について・・・

具体的にどのように変化していくかを、現在両社から発表されている情報の中からまとめてみたいと思います。

①何が変わるのか・・・
検索結果の表示について
0727a.jpg

赤に囲まれた検索連動型広告のシステム、及びウェブ検索結果をひきだすシステムをグーグルのプログラムに変更される
2010 年 7 月 27 日
Googleが公式ブログにて正式に発表しました。

"ヤフー株式会社に対して再び検索技術をライセンス提供することになったことを発表いたします。"

日本における検索エンジンの歴史を考えると、結構大きな波になると思われます。 振り返ると、2001 年から 2004 年はヤフー株式会社に対し、Google の検索エンジンを提供していましたし、ヤフー株式会社が独自のアルゴリズムサービスを開始したときは、SEO技術の違いについて多くの情報がとびかったものですが、再びGoogleのアルゴリズムが日本の検索システムの多くを占めるということになるようです。

ちなみに、ヤフー株式会社はオークション、ショッピング、知恵袋といったコンテンツを Google の日本語の検索結果に加えられるように提供するということですので、Googleは技術を提供、Yahoo!JAPANはコンテンツを提供し、相互のサービスを高めていくことが今回の提携の大きな核になるようです。

また、リスティング広告についても
AdWordsにて、指定したキーワードで適正に広告が表示されているかをチェックすることは最も重要な作業ですが、キーワードを大量に設定した場合、その一つ一つをチェックするのはかなりの時間を要するかと思います。
そんなときに活躍するのが、AdWordsが提供するキーワード診断です。

方法はとても簡単です。
まず【キーワード】ページを表示し、[その他の操作] メニューを開き、[キーワードの診断]を選択します。

key1.jpg 

BingのSEO

MicroSoftが開発した新しい検索サービスBingが、きたる7月13日に正式オープンとなります。
ちょうど一年前の米Yahoo!と米Microsoftとの提携が発表されたころから、常に話題になっていたのは、BingへのSEO対策です。

このたび正式オープンに先駆けて、Webマスター向けのティップが公開されました。
それによると、基本的なSEOと大きな違いはないように見えますが、
主だった注意点を以下に列挙します。

1.正しいキーワードを選ぶ
2.キーワードを強調したい箇所に設置する
3.エンドユーザーにとって魅力的なコンテンツであるか
4.サイト内エラーをなくす
5.良いリンク、悪いリンク
6.サイトアーキテクチャー
7.リンク
8.SEOに配慮したコンテンツ設計
9.画像、フラッシュ、スクリプト

1.については、特筆することはありません。一般的なSEOと変わらず、適したキーワードを選ぶことのみです。

ワールドカップを観ている方は、このCMを本当にたくさん目にしたのではないでしょうか。
また、この曲が話題になっている頃に青春していた方には、かなりの興味をもたれたことでしょう。

CM戦略の一つに、BGMがありますが、新曲とのタイアップも一つですし、
その商品のターゲットカスタマーが青春時代に流れていた懐メロを使う手法が多くとられています。
それだけ、青春時代には感情を動かす出来事があって、曲を聴いた瞬間にココロを揺さぶられるのではないでしょうか。

このCM曲はおよそ14年前にヒットしたものですが、その頃に青春時代をすごしていた人たちにとっては、まさにドストライクのコンテンツだったと思います。
一年の半分が過ぎようとしています。
年初めに立てた計画は順調にこなすことができているでしょうか。

さて、今回Google広報部が発表した"上半期急上昇キーワード"について考察したいと思います。

【上半期急上昇キーワード】
by_google1.jpg
これらキーワード、いつくまで説明できますか?
パーフェクトの方は、かなりコアなインターネットの住民かと思われます。

PC検索での上位にハード情報が求められていることと比較して、モバイル検索での上位は"今、まさに瞬間で知りたい"という情報が求められていることがわかります。

リアルタイムで情報を流しているブログなどのネタに困ったときは、モバイル検索されている上位のキーワードを狙うと、比較的ユーザーを集めやすいかとも思います。

ちなみに、モバイル検索の一位になっている【ハッシュタグ】とは、Twitter特有のキーワードで、ユーザーが同じ話題を共有したいときに使うものです。
これでみても、Twitterがどれだけ話題を集めているかを知ることができますね。

yahoo! JAPANのスタッフが発表したW杯あけの急上昇キーワードには
大変興味深い傾向が現れていました。

W杯にあたって、急上昇したキーワードの中には、サッカー用語や
観戦できるお店の検索などが次々とでてくる中、だんとつの一位になった単語・・・

それは・・・「荻野 文子

誰?!

・・・が正直な感想だと思います。
これに関連して急上昇したキーワードは「マドンナ古文」
worldcup-2.gif

top
メールマガジン登録
専門家だけが知っているPPC広告やSEO、アナリティクスの最新情報をいち早くお届け!
メールアドレス:


ppc広告完全マニュアル

seo対策で不動の検索上位を奪う方法
アーカイブ
PPC広告 pro - 金島弘樹のコンサルティングサイト