top

youtubeが新しい検索窓に-動画ターゲティングツール開始

人間がいくら賢くなったからといっても、やはり動物は動物。
静止しているものより、動いているものに注目するのは本能です。

広告でも、テレビCMなどの動画はただそこにいるだけで流れてくれるので、文章だけで説得するより何倍もの影響力を持ちます。

インターネットではずっと文章でのPRが主流でしたが、今では小さい企業体ででも安価で手軽に動画広告を流せる時代となりました。その引き金となるであろう、新しい広告サービスが、youtube動画ターゲティングツールでしょう。

先日、アドワーズ公式ブログにて日本でのリリースが正式に開始されたことを伝えました。
20100524_01.jpg
注目するべきポイントは、ユーザー属性が指定できることでしょう。
まずはyoutube動画ターゲティングツールにアクセスすると、地域と広告フォーマットを選択する画面があらわれるので、希望のフォーマット、地域を選択します。

ちなみに、広告のフォーマットは
・InVideoオーバーレイ(動画ストリームの再生画面の下部 20 % のスペースに表示される広告)
・インストリーム動画(再生の冒頭、途中、または最後に動画コンテンツ内にインストリーム動画広告が自動的に表示される広告)
・バナー


20100524_02.jpg

次に、ターゲットユーザーを選択してゆきます。
20100524_03.jpg
希望するキーワードででも選択できますし、
女性、男性、年齢層、関心事で選択することができます。

また、作成した広告は、
AdWordsアカウントへエクスポートできますので、
掲載結果レポートの表示、入札単価の設定、広告クリエイティブの作成などを個別に管理できます。


ターゲティングが詳細に設定できる最強で最新の広告だと思います。
私は常々セミナーでターゲティング詳細の可能性を伝えてきましたが、まさにこれらがはじまろうとしています。広告業界の黒船到来ともいえるのではないでしょうか。
top
メールマガジン登録
専門家だけが知っているPPC広告やSEO、アナリティクスの最新情報をいち早くお届け!
メールアドレス:


ppc広告完全マニュアル

seo対策で不動の検索上位を奪う方法
アーカイブ
PPC広告 pro - 金島弘樹のコンサルティングサイト