top

Google ウェブページの読み込み速度の重要性が高まる

googleウェブマスター向け公式ブログにて先日発表されたのは、「Web高速化の一環として、検索結果の表示順位を決定するアルゴリズムにサイトの応答速度を取り入れる」という内容でした。

今までウェブページの読み込み速度は、主にユーザビリティの観点で評価されることが多かったのですが、アルゴリズムに反映されるということは、今後ますます、googleの検索結果がユーザー視点を反映してくることでしょう。

しかし、重要となったとはいえ、数百以上あるアルゴリズムの中の一つであり、googleの技術関係者は「ウェブページの読み込み速度が反映されるとはいえ、関連性の重要性が低くなったわけではなく、実際に影響を受けるサイトは1%ほどである」と伝えています。

過敏にはならなくとも、サクサクと表示されるのは直帰率を減らすなどのメリットもあるわけですから、ここで一度チェックされてみるのも良いでしょう。
表示時間の目安は「2、3秒」と言われていますが、あなたのサイトはいかがですか?
EasyCapture1.jpg
WebWait
余談ですが、サイトを軽量化する基本は
  • 意味のないタグ、不要なコードの削除
  • Javascriptの外部化
  • CSS の外部化
  • 画像のサイズ調整
これらがあげられます。
この機会にサイトのコードなどをチェックしてみてください。
意外と外部化することができるものや、不要なアクセス解析のトラッキングコードなどがみつかることが多いです。

top
メールマガジン登録
専門家だけが知っているPPC広告やSEO、アナリティクスの最新情報をいち早くお届け!
メールアドレス:


ppc広告完全マニュアル

seo対策で不動の検索上位を奪う方法
アーカイブ
PPC広告 pro - 金島弘樹のコンサルティングサイト