top

Google Analyticsに検索エンジンを追加しよう

Google Analyticsを利用している方は、すでにいろいろ試しているかと思いますが、まだ初心者という方は、まず1つ上級編として「Google Analyticsに検索エンジンを追加」するための、トラッキングコードカスタマイズをおすすめします。

まず、 Analytics ヘルプには、
pageTracker._addOrganic("name_of_searchengine","q_var");

を追加するとなっています。

ちょっと追加する場所をおさらいしてみましょう。

<script type="text/javascript">
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");
document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));
</script>

<script type="text/javascript">
try{
var pageTracker = _gat._getTracker("UA-xxxxxx-x");
pageTracker._addOrganic("name_of_searchengine","qvar");
pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}
</script>

上記の太文字をトラッキングコードへ追加するだけだと思うかもしれませんが、そういうことではありません。

("name_of_searchengine","q_var");

注目はこちらの部分にある、"name_of_searchengine"。検索エンジンの名前を指定します。Gとなっているのですが、例えば、楽天からの参照元を調べたいときは、"rakuten"となるわけです。

「はてな」からの参照元なら"hatena"とする。こういうことです。

では、"q_var" とは?

"q_var" の意味は、 Analytics ブログの説明を拝借すると、キーワードが格納されるクエリ変数を指定します。
これだと、意味がわかりづらいかもしれません。

まず、実験としてやっていただきたいことは、それぞれの検索エンジンには、当然検索ボックスがありますよね。 検索ボックスから検索した際、アドレスバーにドメインから続くパラメータが表示されています。

こんなの。
adressbar1.jpg

自分で調べてみる場合は、できれば日本語よりもローマ字で検索してみると、どの部分がクエリ変数なのかひと目でわかります。

日本語で検索した場合は、%82などこれは文字を表す言語なのですが、普通ではわかりません。
adressbar2.jpg

ですので、ローマ字で調べてみることをおすすめします。

ちなみに、必要な検索エンジンと、必要ない検索エンジンのリストにわけてみました。

○必要な検索エンジンリスト
infoseek
楽天
livedoor.com
biglobe.ne.jp
@nifty
goo
excite
はてな
mixi
twitter
google画像
ピタゴラス
Yahoo!カテゴリ

○不必要な検索エンジンのリスト
hi-ho
fresheye
Lunascape
asahi.com
eo
au one
ECナビ
so-net
googleマップ
googleブログ
OCN
ODN

※あくまで私個人の意見です。サイトの特徴によっては、必要欄と不必要欄が入れ替わる可能性もあります。

つまり、これをGoogle Analyticsのトラッキングコードに追加するとこうなります。
参考にしてください。
top
メールマガジン登録
専門家だけが知っているPPC広告やSEO、アナリティクスの最新情報をいち早くお届け!
メールアドレス:


ppc広告完全マニュアル

seo対策で不動の検索上位を奪う方法
アーカイブ
PPC広告 pro - 金島弘樹のコンサルティングサイト