top

品質スコアはコンバージョン率も計算しているのか?

誰が言ったというわけではなく、私の勝手な意見と想像ですが品質スコアのガイドラインでこのように書かれています。

  • その他関連性に関する要因

その他関連性に関する要因って何ですか?と、もし Google に聞いてもまず教えてくれません。
しかし、教えられないにもかかわらず Google AdWords のヘルプトピックには、その他関連・・・と出るんです。
普通に見ていると案外見逃してしまいそうな「これって」、不思議だとは思いませんか?
教えられないのに、書いている。

mangoo.jpg

ここが AdWords での品質スコアを上昇させる極めて重要なポイントの一つだと考えています。
品質スコアの記事については、先日書きましたが Google では広告ランクに影響する品質スコアは以下の要因とのこと。

  • キーワードおよび一致した広告の Google での過去のクリック率 (CTR) (広告が検索ネットワーク ページにも掲載されている場合、その検索ネットワーク パートナーでのクリック率も考慮される)
  • アカウントの履歴 (アカウントのすべての広告およびキーワードのクリック率によって算出される)
  • 広告グループの表示 URL の過去のクリック率
  • キーワードと広告グループ内の広告との関連性
  • 検索クエリに対するキーワードおよび広告の関連性
  • 広告が表示される地域でのアカウントの掲載結果
  • その他関連性に関する要因
クリック単価も高く、キーワードも一致しているのに品質が10/10にならない。
このようなケースでは、私はこのように考えています。

コンバージョン率も品質スコアの1つの要素として計算されているのではないか?と。

Google はご存知のとおり非常に検索ユーザーを大切にしています。( Yahoo! もそうですが)

クリック単価も高い、クリック率も良い、キーワードも関連している、けれどコンバージョンがない。
というケースでは、そもそも広告としてどうなの?と考えてもおかしくないのではないでしょうか。

ユーザーが検索
    ↓
興味を持つ
    ↓
クリックする
    ↓
商品を検討する
    ↓
購入する

[購入する]=ユーザーも喜ぶ。
こういう図式は充分に Google の今までの傾向をSEOでも見ても予測できると私は考えています。
広告は、売れなければ意味がありませんし、売れない広告は告知です。

jiji2.jpg

例えば、田中さんのサイトが
クリック単価(100円)+クリック率(1%)

鈴木さんのサイトが
クリック単価(100円)+クリック率(1%)
と同じ条件の場合、鈴木さんのほうがコンバージョン率も3%だとすると、これはいい広告となるわけです。

無理やりですかね(笑)?



関連性とは、キーワードやリンク先がマッチしていればコンバージョンも自然と増えると仮定した場合、コンバージョンがなければ、それは品質が低いと私が AdWords のロボットであれば優劣をつける際の要素として考えるからです。

このトピックについては、日本や海外で取り扱っているサイトがまだありませんので情報やデータが少ないのですが、こんなことがありました!という面白いデータがあれば、ぜひ教えてください。
top
メールマガジン登録
専門家だけが知っているPPC広告やSEO、アナリティクスの最新情報をいち早くお届け!
メールアドレス:


ppc広告完全マニュアル

seo対策で不動の検索上位を奪う方法
アーカイブ
PPC広告 pro - 金島弘樹のコンサルティングサイト