top

品質スコア スターターガイド(英語版)スタート

日本ではまだ見ることができませんが、米 Google ではSearch Ads Quality Getting Started Guide (品質スコアスターターガイド)を8/15に発表しました。
 


Hal Varian氏によるプレゼンテーションです。
このガイド情報は、 Google.comでの広告のみで適用されます。

話している内容は、工学的でただただ関心させられますがとても興味深いないようとなっています。
SEO対策をしている方なら、そのロジックをとくのは簡単かもしれません。

ではここで解説されていることをまとめてみました。

詳しくはこちらへ ↓ ↓ ↓
品質スコアとはなんですか?

AdWords では広告の競争をきめるため、"各キーワードに品質スコア"というものを算出しさまざまな要因に関連するキーワードを測定する為採用しています。
この品質スコアでもっとも関連性が高い広告が、ユーザーのニーズを満たしていると Google は判断し、広告掲載順位の向上、クリック単価の低下などメリットだらけ。

つまり、私たちがインターネット広告で成功する為には、この品質スコアを常に高い水準で維持し続けなければ、成功という文字は遠くなってしまうのです。

品質スコアはどのようにして決定していますか?

品質スコアは大きく3つの要因によって決定されます。

1、クリック率
2、関連性
3、リンク先ページの品質

これは、ずっと私も研究して対策をおこないクライアントさんと情報交換、提供していますがロボットはとても生真面目です。(オーバーチュアよりも柔軟性はありますが・・・)

ですので、 Google がいうとおりにすればある程度の結果がでるというものです。

1のクリック率については、
●過去のクリック率、検索クエリで一致した Google での広告
●アカウントの過去の履歴(傾向)
●リンク先URLでの過去のクリック率

どれも似たように感じるかもしれない。
しかししっかりその意味を理解すると、意外なことがわかります。
つまり、検索クエリ上での部分一致では品質スコア向上はしないということになります。

AdWords では検索クエリレポートがあります。
818.jpg

このレポートをとっていもらうとわかりますが、部分一致、完全一致、フレーズ一致という検索クエリがでてきます。
AdWords での品質スコアは、この完全一致した場合に評価されるというものなのです。
(全部が全部ではないと思いますが、ここでは分かりやすくまとめています)

また過去の掲載結果ですが、 Google 担当者から直接聞いた話によると過去3週間がもっとも考慮されているそうです。
ですので、自分の評価を見るときは過去一ヶ月のデータを見ていくとわかりやすいかもしれませんね。

2の関連性では、
●広告グループ内のキーワードの関連性
●検索クエリにマッチした広告との関連性
●地域的なパフォーマンス
●その他関連する要因

主に広告グループの関連性(私たちはこれをテーマと呼びます)をどれだけ充実させるかがポイントです。テーマの作り方はちょっとここで書くと膨大な資料になるので控えます。

3のリンク先ページの品質についてですが、
●オリジナルのコンテンツであるかどうか
●透明性とビジネスの本質について明確的なものを出す(特定商取引法など)
●プライバシーポリシー(個人情報)の使い方
●リンク先の読み込み時間(ポップアップはマイナス点)

ここまでの要因だけをまとめると、どのようにホームページの構成を立て直すかというと、

1、検索クエリレポートから完全一致できるキーワードを見つける
2、広告グループ内のテーマ性を強くする
3、サイト情報を明確にする
4、広告タイトル・説明文を頻繁に変え、クリック率を高め続ける。

これらが極めて重要なポイントになってきます。
あくまでも、これらは基本的なものですので、さらに適切な対応は競争が激しいキーワードやジャンルになると、そのスキルはもっと求められます。

しかし考え方は上記4つだけでも意識してAdWords 広告に取り組むことをお勧めしたいと思います。

記事を書くのが疲れてきたので、今回はこの辺で終わりますが品質スコアについてはこれからもどんどん探って行きたいと思います。
top
メールマガジン登録
専門家だけが知っているPPC広告やSEO、アナリティクスの最新情報をいち早くお届け!
メールアドレス:


ppc広告完全マニュアル

seo対策で不動の検索上位を奪う方法
アーカイブ
PPC広告 pro - 金島弘樹のコンサルティングサイト