top

SEO対策におけるサイトマップの5つの活用法

Google が推奨している方法を今回は紹介します。
by Shaluinn Fullove

サイト内のページがインデックスされていない方は試すことをおススメします。
インデックス数が増えるということは、アクセス数も比例して増えていくというほど大切なプロセスですので物販の方はより重要かもしれません。

query_stats.gif


1、サイト内ページを Google のインデックスへ無料登録する
おすすめは、 Google のサイトマップ生成ツール(ウェブマスターツール)の利用です。

2、上位の検索クエリを把握
 Google Analytics の検索エンジンレポートでオーガニック検索の各キーワードを確認する方法もありますが、ウェブマスターツールでも [統計情報]の上位の検索クエリから調べることも可能です。
表示回数とトラフィックに分かれて分析することができるので、狙うキーワードが一目でわかります。

3、 Googlebot の把握
テキストリンクの関連性を重視しています。
サイトで「こちら」という部分にテキストリンクを設定しても意味がありません。
サイトテーマにあったテキストリンクへ設定するとよいですよ。

たとえば、私であればPPC広告はこちら と極端ですが、関連するテキストリンクを入れることがポイントです。

4、クローラーをブロックしない
robots nofollow や、robots.txt ファイルがある場合、サイト巡回をブロックする記述がされていると Google 検索のデータベースに前ページがインデックスされない場合があります。

5、再登録する
サイトが Google で表示されなくなったり、順位が著しく落ちてしまった場合は、 Google の品質ガイドライン違反でペナルティが課せられている可能性があります。
ウェブマスターツールで、再登録の送信をクリックしますとクローラーは見に来てくれるので修正して送信しましょう。

これらの内容は、 Google のConversion University ヘルプ の原文を元に作成しています。
top
メールマガジン登録
専門家だけが知っているPPC広告やSEO、アナリティクスの最新情報をいち早くお届け!
メールアドレス:


ppc広告完全マニュアル

seo対策で不動の検索上位を奪う方法
アーカイブ
PPC広告 pro - 金島弘樹のコンサルティングサイト